FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鈴木さん家-5.1

ポカポカと陽気もよく、そろそろ春も近づいたある休日、

孝志「ふぁぁ~。」

いつもよりだいぶ寝坊した孝志は、むっくりと布団から起き上がった。春になると鈴木家の男共はなぜか性欲が旺盛になる。ムラムラしっぱなしになるのだ。その日の孝志も起き抜けに関わらず、下半身だけは元気に勃っていた。

ぐったりとリビングへ向かう孝志。いつもならそのまま、「あら♪ おはようさん。」と微笑む由梨と朝の濃厚な一発‥‥な、はずだったが、

[ 朝食は昨日のカレー食べちゃってねー。母]

テーブルに置き手紙がぽつんと置かれ、リビングは静寂に包まれている。

孝志「(し‥ごと? なのかな。 いや、ちがうか‥)」

なんてことをボーっと考えながら、孝志は美佳の部屋へ向かうべく階段を上り始めると

「ぁ~♡ ぁぁ♡」

二階からなにやら喘ぎ声のようなものが‥。

孝志「(!?)」

孝志が心によぎった思いは、美佳の部屋に近づくにつれ確信に変わり、ドア前であきらめに変わった。

「あぁ~っん♡ そこ、そこぉ~♡ イイの、もっと掻き回してぇ♪」
「ほらっ、もっとケツ出せ。 こうか? これがイイのか?」

ガチャ‥

孝志がドアを開けると、ちょっぴり驚いてこちらを振り返るバックで繋がった全裸の父と美佳の姿があった。下半身は止まる事なくピストン運動を続けている。

孝志「一発ヌかして~」パジャマのズボンを下ろしながら孝志が言う。

父「そりゃいいが、ノックぐらいしなさい。ビックリして美佳の中に漏れちゃうじゃないか」グッチョグッチョ♡とピストンしながら嗜める父。まったく説得力皆無だ。

美佳「あっ♡ あっ♡ さっきからおちんちんヒクヒクしてるもん。絶対ガマン汁だだ漏れしてるよ~♡」

父「あ。すまん。さっきから軽くピュッピュ出てるんだ。」ズプッズプッ♡

美佳「あぁ~ん♡ サイテー♪」

しょうがないので、孝志は美佳の口元にちんぽを差し出すと、美佳はそれを嬉しそうにパックリくわえ、ぬちょぬちょとちんぽに舌を絡み付かせてしゃぶり始めた。

ちゅぽちゅぽ♡ ズッコズッコ♡ と部屋の中に淫猥な音が響宴する。

孝志「あぁ~イイよ♡」美佳のおくちの中で孝志のモノがムクムクと大きくなっていく。

父「ふんっ!ふんっ!」パンパンパンパン♡

美佳「んむぅー♡ んんー♡」

父も元気よく美佳のおま○こを犯していく。美佳の目も既に虚ろだ。しかし、あんまり元気が良すぎると‥‥

‥‥パンッパンパンパン 父「あっ!やべっ!」ぷぴゅっ♡ ぴゅっ♡

美佳「むぅぅぅぅぅぅ~♡♡」

まったく締まりのないエロちんぽなのでした♪


結局その日のお昼頃まで、暖かな春の日差しに包まれた鈴木家の二階からは「あん♡ あん♡」と美佳ちゃんの可愛い喘ぎ声が聞こえ、

男二人は美佳の上のおくちと下のおくちをとっかえひっかえしながら、よっぽど気持ちよかったのか、必死に射精を我慢しつつ、

ぴゅるっ♡ ぴゅっ♡

子種たっぷりのネバネバ我慢汁を美佳の両方のおくちの中に漏らし、まき散らしてしまうのでした。

美佳「ぃやぁ~またおちんちん中でヒクヒクしてるぅ~♡」「
(小声で) 好きなだけ中出ししていいのに‥‥

つづく

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

apellet

Author:apellet
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2アフィリエイト
Pacific Girls.COM
FC2アフィリエイト
eropeg
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。