FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鈴木さん家-5.3

伊藤「外はいい天気だってのに、真っ昼間っからダメな大人だよなぁ~‥」ズプッ♡ ズプッ♡

自分の上で嬉しそうに腰を振る由梨を眺めながら、ぼんやりと伊藤がぼやく。

由梨「伊藤くんがボッキするからだよ♡ いけないんだぁ~♡」

玉のような汗を迸らせて、ぐっちゅぐっちゅ♡ と音を立ててちんぽをくわえ込みながら由梨が言う。

伊藤「え? 俺なの? 車ん中からちゅぱちゅぱしてたのは由梨ちゃんなのにー」

由梨「だって『射精したい!射精したい!』って、伊藤くんのちんぽが‥ あんッ♡ イクっ♡」

自分で言ってることが、あんまりアホすぎて感じてしまったらしく、由梨は軽く昇天した。

伊藤は由梨を四つん這いにさせ、ずっぷりと肉棒を注入していく。

伊藤「こうやって俺らが生ハメハメしてる時にも、受験生は必死に勉強し‥‥」パンっ♡ パンっ♡

由梨「はぁはぁはぁ‥ぁぅんっ! ら、らめ♡ イッたばっかで感じt‥あぁっん♡」

伊藤「警察の人も真面目に働いて‥‥」パンっ♡ パンっ♡

由梨「やん♡ あっあっ♡ 素敵ぃ~♡」

伊藤「就活中の人も大勢いたりして‥‥」パンっ♡ パンっ♡

由梨「ぁんっ♡ ぁんっ♡ あ、大っきくなってきたぁ♪ いいっ♡」

伊藤「ま、どうでもいいけどね(笑) あっ♪ でるでる♡ たっぷりイクよ~♪」

由梨「あはっ♡ 出しちゃえー♡」

どっぴゅん♡ どびゅっ♡ どびゅっ♡ ‥‥

伊藤「おぉ~、すっげ出てる。やっぱこりゃやめらんないわ。中出しサイコー♡」

由梨「あはぁ‥♡ 完膚なきまでにドクッドクッ♡って注がれてる‥そんなに出しちゃダメぇ♡」

伊藤「いや、射精とまんないって。」びゅっびゅっ♡

由梨「だってぇ~、おちんぽみるくタマタマちゃんに残しとかないと、もっともっと中出しSEXできないじゃん♡」

伊藤「そんじゃ、今夜は俺のちんぽがふやけるまで子作りさせてもらおうかな♡」

由梨「いいょ、今日は私のココ、伊藤くん専用の中出しま○こになっちゃったから♡ 好きな時に突っ込んで、好きなだけ種付けしていってね♡」

伊藤「そんじゃ遠慮なく♡」

由梨「あん♡ もう元気に中でおっきしてる~♡ 抜かずの二回戦? もちろんまた中で‥‥ね♡」

うららかな春の日差しに照らされた部屋に、ズコズコ♡‥ぐちょぐちょ♡‥パンパン♡‥どぴゅっ♡♡ の音と男女の喘ぎ声が、幾度も幾度も響き渡る‥‥。



美佳「ひゃぁぁん♡ も、もうゆるしてぇ~‥」

さて、こちらは鈴木家。あいかわらず、限界ギリギリの2本のちんぽに責め立てられ続け、美佳ちゃんもたじたじです。

とは言うものの‥

父「うっ!」ビュッ♡

孝志「クッ!」ビュル♡

男達が射精を我慢して漏らす我慢汁は、もはや漏れるというよりむしろ完全に発射しており、あわてて引き抜いたちんぽの先っちょからは、ほとんど精液にしか見えないものが迸っている有様だった。

それはあまりに突然だった。

美佳「あぁぁぁ♡ い、イクぅ♡ あっ♡」きゅぅぅぅ♡

パンパンに膨らんだちんぽで掻き回され、クリトリスを刺激された美佳が突然昇天し、急激に中を締め付けた。

孝志「ちょっ! やばっ!」

油断していた孝志は思わぬ事態に耐えきれるはずもなく‥‥

ドクン‥ドバッ♡ どぴゅるるるー♡ どびゅっどびゅっ♡

タマタマの中にたっぷり詰まった子種が、遠慮なく美佳の中へと注ぎ込まれていく。

美佳「あっ♡ ま、まだ私ビンカンなのに‥あっあっ♡ アツいのいっぱい♡ あん♡ すっごい♡ 中出しイイ♡ こんなのあふれちゃうよぉ~♡」

孝志「こうなりゃ、出しながら突いてやる♪」ぐっちょぉぐっちょぉ♡

美佳「あぁっ♡ あぁっ♡ おちんちん奥にぃ~♡ どぴゅどぴゅしながらぁ♡ はぁん♡ あぁ~まだ出てる♡ もっと奥、奥に注いでぇ~♡」

つづく

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

apellet

Author:apellet
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2アフィリエイト
Pacific Girls.COM
FC2アフィリエイト
eropeg
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。